グループ管理

iKeyMonitorのグループ管理機能により、ユーザーは複数のデバイスを柔軟に管理および分類できます。

iPhone Android

無料お試し 今すぐ購入
15%割引 – 期間限定キャンペーン

グループ管理機能を使用すると、次のことが可能になります:

  • 監視対象デバイスをグループ別に分類する
  • 監視対象デバイスをグループから削除します
  • グループを追加/編集/削除する
  • 各機器の監視状態をON / OFFする
  • 監視対象デバイスごとにエイリアスを追加する
  • iOS すべてのiPhone、iPad
  • Android すべてのAndroidデバイス
  • iOS(JB) 脫獄iPhone、iPad
  • Android(Root) Root必要
  • iOS(iCloud) iCloudの資格が必要

グループ管理機能が便利な理由

iKeyMonitorを使って複数のスマートフォンを監視する場合、グループ管理機能によって構造とデバイス管理が簡単になります。この機能を使用すると、子供のデバイスを年齢別に分類できます。会社では、所属する部署によって従業員のデバイスを分類できます。

保護者による監視

スマートフォンやタブレットを使用している、年齢差の大きい子供が何人かいる場合は、携帯電話の使用状況を別々に監視および管理する必要があるかもしれません。iKeyMonitorのグループ管理機能を使用すると、さまざまな年齢の子供の電話使用量を合理的かつ効率的な方法で管理できます。あなたはそのようなティーングループと幼児グループなど、年齢に基づいてさまざまなグループを設定することができます。その後、子供のデバイスを年齢に基づいて2つのグループに追加し、それぞれ管理することができます。毎日の最大電話使用時間に関しては、10代のグループのための許可された時間は幼児グループのためのそれより少し長くなることがあります。同様に、アプリケーションやゲームを制限するという観点からは、10代のグループよりも幼児のグループのほうが厳しくなる可能性があります。

従業員モニタリング

部門ごとに監視対象デバイスを分類すると、従業員の管理がはるかに簡単になります。これにより、監視効率を向上させることができます。グループ管理サービスによって従業員の監視効率がどのように向上するかを確認する

管理効率の向上

グループ管理は、従業員の監視をより柔軟にします。大企業が一度に何百人もの従業員を監視することは困難です。ただし、部署に基づいて監視対象のデバイスをグループ化すると、従業員の監視が整理されてはるかに簡単になります。あなたはどの部門の従業員のモバイル活動をチェックすることができます。新しい従業員が加わっている場合は、単にそれらを特定のチームに追加することができます。部門別グループ化機能を使用すると、効率を向上させるために、各部門をターゲットにするためにさまざまな監視戦略を作成できます。

セキュリティレベルを上げる

グループ管理機能を複数のユーザーおよび管理者の機能と統合することで、部門に基づいて管理権限を設定できます。したがって、部署の権限で管理を実行し、会社の監視および管理システムのセキュリティレベルを上げることができます。

上記の説明から、iKeyMonitorを使用して複数のデバイスを監視および制御する場合は、そのグループ管理機能が見逃せない1つの機能になると結論付けることができます。この機能により、組織全体または会社全体をより効率的かつ簡単に監視および管理できます。