LAN(Wifi)アクセス

LAN(Wifi)アクセス経由でターゲットiOSデバイス上で実行されているiKeyMonitorにアクセスできます。ターゲットデバイスとデバイスの両方が同じWi-Fiに接続されている場合、ターゲットデバイスのiKeyMontiorにアクセスし、ログを表示し、設定を変更し、監視ステータスを変更し、LANデバイスからiKeyMonitorを制御できます。

  • iKeyMonitorのライブ画面を表示する
  • ログを確認する
  • 設定を変更する
  • 監視状況を変更する
  • iKeyMonitorを遠隔操作する

  • iOS
    すべてのiPhone、iPad

  • アンドロイド
    すべてのAndroidデバイス

  • iOS(JB)
    Jailbroken iPhone、iPad

  • Android(Root)
    Root必要

  • iOS(iCloud)
    必要なiCloud資格情報

LAN(Wifi)アクセスが有用な理由

ターゲットデバイスがWi-Fiに接続されている場合は、同じLAN(Wi-Fi)上の他のコンピュータや携帯電話からリモートでiKeyMonitorにアクセスして、ログを表示して設定を変更することができます。LAN(Wifi)は、リモートコントロールとモニタリングをより便利にします。

物理的なアクセスがない、慎重かつ改ざんのない制御

2つのデバイスが同じWi-Fiに接続されていると、iKeyMonitorインターフェイスにアクセスして、スパイアプリをリモートで制御できます。10分ごとにキャプチャするスクリーンショットの設定など、設定を変更したり、ブロックする必要のあるアプリケーションを追加したりすることで、監視のオン/オフを切り替えることができます。画面の時間を制限し、アプリをブロックすることもLANアクセスを介して実現できることは注目に値する。LAN(Wifi)アクセスにより、デバイスへの物理的なアクセスなしでiKeyMonitorを制御することができます。

子供のiPhoneとiPadを監視したり、監視状況を変更したり、設定を変更したりすることができます。子供が自宅にいてWi-Fiに接続された携帯電話を再生すると、自分のデバイス上のiKeyMonitorインターフェイスに簡単にアクセスできます。いくつかの監視機能を追加または削除する必要があるたびに、Lanアクセス経由でiKeyMonitorにアクセスして変更を行うことができます。

LANアクセスを使用すると、従業員のモバイル使用状況をより簡単に監視および制御することもできます。ほとんどの時間従業員と雇用者が同社の同じWi-Fiを共有しているため、従業員のデバイス上のiKeyMontiorにアクセスして監視設定を変更するのは簡単です。

最も簡単な監視方法

LAN(Wifi)アクセスを使用すると、対象デバイスの監視ログを簡単にチェックできます。 ターゲットデバイスに物理的にアクセスしたり、電子メール、FTP、オンラインサーバーにログインすることなく、入力したキーストローク、SMSログ、ソーシャルメディアチャット、スクリーンショット、GPSロケーション、ボイスメッセージ、訪問したWebサイトなどのすべての監視ログを簡単にチェックできます。これは、iKeyMonitor iOSスパイアプリの素晴らしい機能です。

Category: features, Uncategorized